園長より

 昭和54年の開園以来、『ようちえんは子ども達にとって楽しい所でなくてはならない』をモットーに、本園では、

現在の教育要領に強く打ち出されている自主的な「遊び」と「自然」との関わりに重点を据え、総合的な保育への

取り組みを創立以来一貫して実施しております。

 したがって、先生の計画を押し付けるのではなく、子どもからの興味・関心を大切にして保育を進めています。そして、

幼児教育は幼稚園のものではなく、親と子と幼稚園がしっかりと手を取り合って行うべきだという考えを中心に取り組んでいます。

 目まぐるしく忙しい現代社会の中、ともすると、大人の生活リズムに振りまわされ、思い切り身体を動かして遊ぶ場所を失い、

子どものペースでじっくりと遊び込むこともできず、大人だけではなく、子ども達もかなりのストレスを感じながら、

毎日の生活を送っています。このような状態は、子どもの健やかな成長を妨げることとなります。

 これを解消できるのが、ひかり幼稚園の保育です。

 広い場所・たっぷり遊ぶ時間・たくさんの友達を保障してあげることで、子どものペースでじっくりと遊び込むことができるのです。

 これが子どもにとって『心の洗濯』となるのです。ストレスを洗い流すことで心が安定します。

 これをなくして望ましい成長は期待できないと思っています。

 この『心の安定』を土台とし、様々な経験が身につくものなのです。それが積み重なって、

のびのびと明るく、元気な、たくましい子どもに成長します。


 幼児期はよく草木にたとえられます。

 早期に花を咲かせることを期待するのではなく、目には直接見えない土の下の根をしっかりと張らせることが

幼児期にはとても大切なことだと思っています。

 踏まれても踏まれてもまた立ち直る強い雑草のように、又、強い風雨に打たれても揺らぐことなくそびえ立つ大木のような、

そんな子どもに育って欲しいと願い、日夜、職員一同全力投球で日々保育に取り組んでいます。